« E30 びっくりカメラ | トップページ | E28 偽装メール »

2004.03.04

E29 和牛肉の輸出と全頭検査

この前テレビを見ていたら、米国は日本で狂牛病が発生してから現在までずっと日本からの牛肉の輸入を禁止していると報じていた。日本は全頭検査をしているので大丈夫なのではないのかとも思える。また、米国が和牛輸入禁止をしているなら、現在の日本の米国産牛肉の輸入禁止を解除する要求も何か矛盾している感じを持った。

Mercola.comのその当時の記事によると、2001/09/10に全面輸入禁止が実施されている。その1年前頃から口蹄疫(foot-and-mouth disease)で殆どの牛肉の輸入が禁止されていた。それまでは92年から30トン程輸入していてその大半は神戸牛だったそうだ。同じサイトの最近の記事でBSEのわかりやすい説明がある。その中で、organic beef(牧草や穀物飼料で育てた牛の肉)よりgrass-fed beef(牧草のみで育った牛の肉)が安全と主張していた。

米国ではorganicについては1990年に提案され2001年に発効したたOrganic Foods Production Act of 1990にorganicの定義があるが、その一つの要素としては抗生物質を使わないことがあげられている。BSE騒ぎのため、米国ではorganic beefへの需要が高まっている。オーガニックという言葉は日本では野菜等に使われているが、今後は肉類にも使われるのかな。オーガニック牛肉とか。

日本からどの程度の牛肉の米国への輸出がされているのか知りたくなり、調べてみた。WS000050.JPG

USDA (米国農務省)の統計で1991-2000までのBeef and Veal の輸出入量が判る(beefは成牛の肉で、vealは子牛の肉)。それによれば、米国の日本からの牛肉輸入(トン)は、激減している。米国から日本への輸出は30万トンで推移している。その量は桁違いに大きい。USMEF(U.S. Meat Export Federation)の統計で日本の通関統計から作成した日本の牛肉輸入量の国別の表も見つけた。多少数字は違うがトップはオーストラリアだったのが、最近は米国が日本の牛肉輸入国のトップになっていた。でも、今回の米国のBSEさわぎでオーストラリアがトップに返り咲くのは確実だろう。

日本の統計数値は財務省の貿易統計で調べられることが判ったが、品目番号を入れないと数字が出てこない。その品目番号を調べるのに一苦労。また品目毎の数字しかなく、合計がない。柔軟に小計、合計を出せるようにはなっていない。メニューも一般ユーザーのことを考えていないと感じた。何とかならないものか。。。。

調べている過程で、全頭検査の英語を別の記事中に見つけた。

100 percent testing
blanket testing
comprehensive screening

(2004/01/21)

英語雑感へ戻る

|

« E30 びっくりカメラ | トップページ | E28 偽装メール »

コメント

今編集者の勉強をしていて、宿題でオーストラリア牛肉について調べています。財務省の貿易統計検索ページを知ることが出来て大変助かりました。
ご存知でしたら教えて欲しいのですが、オーストラリアの牛肉も全頭検査が行われているのでしょうか?

投稿: 鳥井 直子 | 2004.04.11 19:55

訪問有難うございます。

質問された内容は知らないのでオーストラリアの農林水産省?のサイトでちょっと調べてみました(関連した部分を下記に抜粋)。結論から言うと、精神障害の疑いのある牛、羊を年間数百頭検査していますが、全頭検査はしていません。防疫体制が厳重だしBSEが一頭も発生していないが、生後30ヶ月の全頭検査や、新しい検査方法も現在検討中とのこと。

それにしても何で全頭検査をしている日本の和牛は輸出できないのでしょうね。オーストラリアも輸入を禁止しています。

勉強頑張って下さい。またお越し下さい。

Australian Government
Department of Agriculture, Fisheries and Forestry
http://www.affa.gov.au/index.cfm

オーストラリアのBSE防止策
Australian Actions to prevent BSE
http://www.affa.gov.au/content/output.cfm?ObjectID=D2C48F86-BA1A-11A1-A2200060B0A00646

監視プログラムががある。
Three key measures ensure Australia remains protected:

- strict controls and restrictions on imports of live animals, genetic material and animal feedstuffs
- a ban on feeding meat and bone meal (MBM) to ruminant animals, and
- a national surveillance program.

現在の監査プログラムは1990年に開始。
In 1990, Australia commenced a surveillance program involving the examination of the brains of cattle that will identify BSE as well as other exotic diseases.

1998年に監視プログラムを増強
In 1998, Australia enhanced its existing surveillance systems through the establishment of the National Transmissible Spongiform Encephalopathy Surveillance Program.

This program is designed to demonstrate Australia's ongoing freedom from BSE and scrapie and to provide early detection should they occur.

All specimens collected as part of this program are examined by specially trained veterinary pathologists at State/Territory animal health laboratories, which refer appropriate cases to the Australian Animal Health Laboratory for further examination. (More details are at http//:www.aahc.com.au/programs/ntsesp.)

ECの措置(生後30ヶ月以上の食用は100%は検査すること)検討中とのこと。
As a result of the increased number of cases of BSE in European countries, the European Commission recently introduced further monitoring and surveillance measures, including:

- mandatory testing from 1 January 2001 of all 'at-risk' animals (fallen stock and emergency or casualty-slaughtered animals) over 30 months of age
- mandatory testing from 1 July 2001 of all animals over 30 months destined for human consumption
- suspension from 1 January 2001 of the feeding of certain animal proteins, notably MBM, to all farm animals; and
- including bovine intestines in the list of specified risk materials that must be removed and destroyed.

---
BSEのQ&Aもあった。
BSE Questions and Answers
http://www.affa.gov.au/content/output.cfm?ObjectID=D2C48F86-BA1A-11A1-A2200060B0A00656

数百頭の牛、羊の脳を科学的に検査している。
How is Australia ensuring it remains BSE free?

Australia maintains its BSE free status through a complete ban on importing live cattle from all countries that have reported cases of BSE. We also have a compulsory ban on the feeding of feedstuffs containing ruminant (and other specified mammalian) MBM to ruminants. As a further measure, Australia has a national surveillance strategy that relies on the scientific examination of hundreds of cattle and sheep brains from animals that display certain nervous symptoms each year.

TSEプログラムといって、神経障害の兆候のある動物を数百頭検査。
What is the National TSE Program?

The National TSE Surveillance Program is a joint industry and government program to demonstrate Australia’s freedom from BSE and scrapie. The Program maintains a surveillance system for TSEs consistent with the International Animal Health Code Chapter on BSE. This requires the detailed examination of several hundred cattle and sheep brains each year. Samples of brain tissue from animals showing signs of neurological disease are submitted to laboratories around Australia for testing; the results of these tests are then incorporated into a national TSE database. The Program is managed by Animal Health Australia and is implemented by a national coordinator and representatives from livestock industries, the Commonwealth Government and State and Territory animal health agencies.

新しいBSE診断テストを評価中。
New Diagnostic Tests for BSE

Is Australia investigating new tests for BSE? Who is investigating these tests, and will they be used to survey Australian cattle for the disease?

CSIRO's Australian Animal Health Laboratory (AAHL) at Geelong assesses materials submitted through the national surveillance program. In 2000, 542 cattle samples and 475 sheep samples were assessed for TSEs and all were negative. AAHL will soon trial a rapid post-mortem immunoblot test developed by Prionics, Switzerland. It is designed to detect the abnormal accumulation of prion protein in the brains of affected animals. AAHL will determine if this new test is suitable for Australian conditions and will be kept in readiness if other countries or organisations (such as the European Commission) require this type of test to be incorporated into existing BSE surveillance programs to maintain market access for Australian products.

---
BSE対策の年表もあり
Key dates in the history of BSE
http://www.affa.gov.au/content/output.cfm?ObjectID=D2C48F86-BA1A-11A1-A2200060B0A00650

投稿: のんびり自由人 | 2004.04.11 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17048/262983

この記事へのトラックバック一覧です: E29 和牛肉の輸出と全頭検査:

» アメリカの狂牛病の検査する施設ってウチの近所です。 [Blog@アイオワ]
狂牛病騒ぎが起きてから、アメリカでは何か変わるかなーと思いましたが何も変わりなく [続きを読む]

受信: 2004.04.23 09:42

« E30 びっくりカメラ | トップページ | E28 偽装メール »