« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.09.26

E82 Internet Archive


Internet Archiveという過去のウェブページを保存しているサイトがある。Wayback Machineという検索窓にURLを入れると過去に保存されていれば保存時点の状態を見ることができる。 わかりやすい説明はAll About Japanにある。

私の場合は、検索でリンク切れの場合にInternet Archiveで調べると出てくる場合もあり、時々助かっている。先日、ふと試しに自分のサイトのアドレスを入れてみたら。。。大昔の状態の画面が出てきた。 削除申請をしない限りは永遠に保存される。

Wayback Machineの説明の中に次のような記述がある。

If you have a web site, and you would like to ensure that it is saved for posterity in the Alexa Archive, chances are that it's already there.

posterityはKODによれば、子孫(opp. ancestry)、後代。 hand down xxx to posterityは、xxxを後世に伝える。 私のサイトは後世でだれが見るのだろう?孫が見るかもしれないな。

また、保存されている情報の価値については以下のように説明している。

Q: Why is the Internet Archive collecting sites from the Internet? What makes the information useful?

A: Most societies place importance on preserving artifacts of their culture and heritage. Without such artifacts, civilization has no memory and no mechanism to learn from its successes and failures. Our culture now produces more and more artifacts in digital form. The Archive's mission is to help preserve those artifacts and create an Internet library for researchers, historians, and scholars. The Archive collaborates with institutions including the Library of Congress and the Smithsonian.

artifactはKODによれば、(天然物に対して)人工物、工芸品、芸術品。【考古】(自然の遺物に対して)人工遺物、文化遺物。

考古学のように遺物としては残っていなければ過去から学ぶことができない、ということ。 「この」デジタルの遺物が価値あるものであることを祈る。


(2004/09/26)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.25

E81 イチローとスーパーマン


9月25日の毎日新聞夕刊でシアトル・マリナーズのイチロー選手についての記事を読んでいて以下に目が留まった。

ロサンゼルス・タイムズ誌は漫画「スーパーマン」の名文句をもじって「弾丸より速く一塁に達し、ワンバウンドの打球は場外にひとっ飛び。あれを見ろ! 球場の右側だ! イチローだ」と書いた。 私は中高年の高年の方だが、幼いころ白黒テレビでスーパーマンを見て、この元の文句は良く覚えている。

弾よりも速く。 力は機関車よりも強く。 高いビルも一っ飛び。 あっ 鳥だ! 飛行機だ! スーパーマンだ!! (そうですスーパーマンです。遠い星から地球にやってきた。。。と続く)。 

調べたら1956年に放映されたことがわかった(レトロの館)。 日本語しか知らないので、元の英語では何て言っていたのか調べた。

まず、ロサンゼルス・タイムズのイチロー選手の記事の該等部分は下記。

Faster from home to first base than a speeding bullet, able to leap tall outfield walls in a single bound, look, out in right field, it's ... Ichiro! (gazettetimes.com)

次に、スーパーマンの対応する部分の英語は下記(太字部分)。

Faster than a speeding bullet. More powerful than a locomotive. Able to leap tall buildings at a single bound. Look! Up in the sky! It's a bird! It's a plane! It's Superman! Yes it's Superman, strange visitor from another planet who came to Earth with powers and abilities far beyond those of mortal men. Superman, who can change the course of mighty rivers, bend steel in his bare hands, and who, disguised as Clark Kent, mild-mannered reporter for a great metropolitan newspaper, fights a never-ending battle for Truth! Justice! and the American Way! (angelfire.com)

映画のことなら何でも載ってるIMDbで元の映画を探してみたら1952-1957のテレビシリーズ"Adventures of Superman"で、スーパーマン役はGeorge Reevesだった。George Bessolo Reevesの写真はここここ。 写真を見たら子供の頃を思い出した。

アメリカで新聞で使ったってことは普通ならだれでも元のスーパーマンの文句を知っているってことだと思うが、日本だったら何を使うかなと思った。水戸黄門くらいしか思いつかない。 「この紋所が目に入らぬか。。。」を「このバットが目に入らぬか。。。。」 うーん。うまく行かない。

追記(2004/10/10): Faster than a speeding bullet...の英語を聞けるサイトがあった(A Tribute to George Reeves)。 スクロールしてCastのリストのちょっと上のHear it now!という所。


英語雑感へ戻る


(2004/09/25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.15

E80 サンタの飛行特例廃止か


2004年9月15日の毎日新聞夕刊の海外の社会面のコーナーに以下のおもしろ記事が載った。

サンタ「困った」 米ユタ州ソルトレークシティーで、サンタクロースとトナカイだけに、高度2000フィート(約610メートル)以下の「飛行」を認めている特例が廃止されそうだ。(以下略)

Salt Lake CityのサイトのGovernment>Laws & City Ordinancesで元の条例を読んでみた。

Salt Lake City Code
Title 16: Airports
Chapter 16.16: General Flight Regulations

16.16.180 Flight over the city-Minimum altitude.

A. General Restrictions. Except as directed by FAA air traffic control, aircraft flown over residential or business areas of the city shall comply with minimum altitude and as specified in FAA-FAR 91.79.

B. Exemption for Flying Reindeer on Christmas Eve. On Christmas Eve only, flying reindeer and any cargo they may be towing shall be exempt from the two-thousand-foot height restriction and other provisions of subsection A of this section. (Ord. 92-85 § 1, 1985; prior code §§ 2-3-8, 2-3-8(e))

この条項を削除する改正案は10月に採決されるそうだ。。。結果はどうなるか。この条項は1985年に制定されたようだが、それを制定した人達と、今回削除しようとしている人達の心を比べて見ると、制定した人達の心の方が温かい感じがする。「この市ではサンタがクリスマスの時に低く飛べるように条例まで作ったんだぞ。ほら。」って子供に親が条文を見せて説明してきたんだろうに。。。

(2004/09/15)

追記 (2004/11/25) - 久しぶりに思い出して、どうなったのか調べてみた。上の16.16.180 --- のリンクに行ってみると、変更されて可決されていた。

16.16.180 Flight over the city-Minimum altitude.

This section has been affected by a recently passed ordinance, No. 77 of 2004: (General Aviation Technical Revisions to Title 16). Go to new ordinance.

新しい条例はここ。だらだらと長いが、該等部分は下記。太線部分が変更。また、Bでは2000フィートの制限という記述が無くなった。でも条例は残り、サンタはクリスマスイブに飛行できる。よかった。

16.16.180 Flight over the city-Minimum altitude

A. General Restrictions. Except as directed by FAA air traffic control, aircraft flown over residential or business areas of the city shall comply with minimum altitude as specified in regulations promulgated by the Federal Aviation Administration.

B. Exemption for Flying Reindeer on Christmas Eve. On Christmas Eve only, flying reindeer and any cargo they may be towing shall be exempt from the provisions of subsection A of this section. (Ord. 92-85 § 1, 1985; prior code §§ 2-3-8, 2-3-8(e))

このサンタ飛行条例についての記事を見つけた。

奥村弁護士の見解 - この方はFAAの地上教官でもあるそうで、その方によると最低安全高度は1000フィートだそうです。その高度以上ならOKということになる。

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.14

E79 Sugarcoat


CBSの60 Minutesという番組でブッシュ大統領の軍歴詐称がとりあげられ、その中でsugarcoatという言葉が出てきた。

Killian's memo, titled 'CYA' reads he is being pressured by higher-ups to give the young pilot a favorable yearly evaluation; to, in effect, sugarcoat his review. He refuses, saying, "I'm having trouble running interference and doing my job." (CBSNEWS.com)

CNN.COMによれば、OETRはofficer efficiency training reportのことだそうだ。元のメモへのリンクもあった。その中の該等部分は下記。

Harris gave me a message today from Grp regarding Bush's OETR and Staudt is pushing to sugar coat it.

sugarcoatの意味だが、CNN.CO.JPの訳は「評価を上乗せする」としていた。

「さらに、規定の訓練や健診を受けていないブッシュ氏に対する評価を上乗せするよう、「上層部から」圧力がかかったと、不快そうに書き記している。」(CNN.CO.JP)

このメモが本物か否かで今メディアがにぎわっているが、それはおいといて、このsugarcoatという意味は何か気になったので調べてみた。

sugarcoatはKODによれば「見かけ(体裁)をよくする」ということ。infoplease.comでは、to make (something difficult or distasteful) appear more pleasant or acceptable.と定義しており、例文として、There was no way to sugarcoat the bad news.があげられていた。

私としては「評価を甘くする」というのがぴったりする。

じゃあ、「評価を辛くする」というのはどういうのだろう。後で調べてみよう。。。


(2004/09/14)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.10

E0E (番外編) Wedding Anniversary


CBSNews.comでビデオニュースを時々見る。その中にEverybody Has A Storyというコーナーがある。レポーターが色んな所に行って、目をつぶって電話帳を開いて指でさした所にあった人の所に行って話を聞くというもの。毎回感動的な話が聞ける。Search Videoという所にeverybodyと入れれば過去の話のリストが出てくる。ヒヤリングの勉強にもなる。しばらくぶりにそれを見たら、自分の話を書きたくなった。

The following is a short story about family photo-taking and wedding anniversary which I contributed in 1999 to an internet site where people exchange short messages in English. I suddenly want to post that here, for no reason.

----------

Wedding Anniversary

We celebrate our wedding anniversary by taking a family photo at a photo studio and have a dinner in Yokohama.

We married on April 4, 1976. Taking a family photo started in 1981 when our son was born. We liked the first photo taken at the photo studio and continue to visit the studio every year. At the studio, there is always one past photo of my family hung on the wall and we compare the photo with the present and chat with the old man and woman at the studio, which is run by a family. They will say that our children have grown so big. We feel as if they are our distant relatives.

Sometimes, we look the past photos and look back the history of our family. A little boy sitting on my wife's knees raising both arms high is now standing behind my wife on a chair. My daughter taken before she was born as part of my pregnant wife is now standing in front of me. I wonder when I will be asked to sit on a chair next to my wife, with son and daughter standing behind.

On our 10th anniversary, I wanted to thank my wife for letting me do as I like for the past ten years and asked my wife what she wanted. She said that she would like to have a jewelry. The budget I calculated for the present was 100,000 yen a year, meaning a million yen. We happened to have that amount of money. So, on the very day of the 10th anniversary, we went to a jewelry shop in Tokyo. I know the owner through my first job. We stood in front of the shop, but were hesitant to enter. It is not a usual place for ordinary white-collar workers and families to visit.

Then, I heard a familiar voice saying "Hello! (my first name)-san. How are you? What are you doing here?" The very owner of the shop was standing there. I explained that we came to buy a jewelry, and he showed us into the shop and asked the attendant to take a good care of us. The attendant first showed stones which are not so expensive. I then said about our budget. The attendant then went to the main shop in a nearby hotel and brought back several stones of brilliant color. I bought her a sapphire ring worth 700,000 yen after very heavy discount, The owner was glad that we visited his shop and later sent us a silver pendant with a thank-you note.

I thought at that time that I would do the same on our 20th anniversary and it would be far into the future. But, it came very soon. We visited the same shop and this time bought a big pearl. I don't know why my wife likes jewelry, but since she likes stones, I bought them for her. After all, I am sure I spent more than million yen in drinking and smoking in 10 years.

PS: We are in a sense far ahead of the 10-year diamond commercial. We will celebrate our 30th wedding anniversary in the same way, and that is only two years away!


(2004/09/10)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.03

E78 空振計の英語


9月1日の浅間山噴火のニュースで「空振計」という言葉を聞いた。地震計は知っていたが空振計は知らなかったので調べてみた。

1. ニュースソース

気象庁報道発表資料では「軽井沢測候所(火口の南約8km)では、大きい爆発音と空振(205パスカル)を観測しました。」とのこと。

2. 空振とは (日本火山学会

桜島や浅間山などのように火山活動が爆発的な場合、火口から衝撃波が発生 し、周囲の空気中を伝わって行きます。火口から離れるに従い衝撃波は減衰 し、音波に変化します。火山学では、これら空気中を伝わる圧力波のことを空振(空気振動)とよんでいます

空震(空振)とは,火山の爆発や火砕流の発生により火口周辺の空気が 動かされ,その振動が遠くまで伝わる現象です.噴火の衝撃で窓ガラスが 震えたりするのも,この空振が発生するからです.空振計のセンサーは基本的にはマイクロフォンです.風が強いとその振動が記録されます.

まとめると,空気の振動を測るのが空振計,地面の振動を測るのが地震計,地震計のデータをもとに震度を決めるのが震度計,ということになり ます.それぞれの機械は,名前は似ていますが,測ろうとする振動現象の 種類や設置する目的が異なっているんです.設置する場所なども,当然な がら違ってきます.

3. 設置機器

色んな機器があることがわかった。地震計だけじゃないんだ。

1) 空振計(火砕流に伴う地震動・空振の研究) - 空振計と呼ばれている低周波マイクロフォン、との記述があった。
2) 設置機器盛岡地要気象台) - 設置機器には、震度計、地震計、空振計、遠望カメラ等があり、気象庁、国土交通省、県、大学等が設置している。
3) 気象庁の火山監視と火山情報 - 他に、地殻変動の観測にGPSや傾斜計というものがある。

4. 空振の英語

辞典で空振の英語は見つからなかったので、空振に関する論文を調べてみた。

1) 論文 カムチャッカ・カリムスキー火山における地震と空振の観測 - Seismic and infrasonic observationといっている。「空振観測は, 低周波マイクロフォン(空振計)1台を用いてのべ2点において行った」とある。
2) 空振計のメーカー(北海道大学 大学院理学研究科付属 地震火山研究観測センター 2000年度年報) - P.11に常時観測点および設置機器一覧があり、そこに空振計(アコー7144
/ 3348)とある。
3) 北海道大学広報では、「北海道大学有珠火山観測所では、噴火前より有珠山周辺の5個所(虻田町三豊;伊達市大平;壮瞥町壮瞥温泉、立香、仲洞爺)に低周波マイクロフォンを設置し、空振の連続観測を行っていた。噴火後の2000年4月14日には伊達市北有珠に観測点が追加された。空振計はアコー㈱製の低周波マイクロフォンと増幅器(type7144/3348)で、0.1 - 1000Hzの帯域で平坦な特性を持つ。」(研究活動だより29)
4) アコー㈱では、Typeが違うがType3144の写真があり、それにはVibration Meterとあった。

5. 英語参考サイト

infrasonicという言葉を使うようなので、次に英語のサイトを調べた。Infrasonicsについてのリンク集が見つかった。

1) Infrasonics Home Page (Geophysical Institute, University of Alaska) - Volcanic Eruptionsの所に説明があるが、空振は、infrasonic wavesというのが分かった。
2) Air Seismology - infrasonicの名詞はinfrasoundのようだが、infrasoundのわかりやすい説明がある。

Everybody knows about ultrasound, right? Sound that's too high-pitched to hear unless you're a dog or a bat. But what about infrasound? There is sound that's too low to hear, and the Earth scientists paying attention to it have things to show us. (略)

Earthquakes, as you might expect, shake the air along with the ground, creating seismic infrasound that can travel far from the epicenter. Volcanoes make some pretty impressive infrasound.(略)

Infrasonics researchers have compelling practical reasons for doing this grab-bag sort of science, because of one particular human source of infrasound - not rocket launches, supersonic jets, or mining blasts, although all these are recorded around the world. It's nuclear bomb testing. (略)

Before its satellites took over the job in the 1960s, the U.S. Air Force used infrasound monitors to detect other nations' testing, and with the recently signed Comprehensive Test Ban Treaty a new worldwide network of infrasound stations is being built (along with other networks that I described in this article). The scientists working on the network are thinking about the problem of false alarms, the most spectacular source of these being meteor falls. (略)

空振計の英語としてはinfrasound monitorというのがいいようだ。

3) 1991年のビナツボ火山の時に2,770キロ離れた日本でinfrasonic waveが観測されたという論文も見つけたが、この空振というのは相当遠くまで届くようだ。方向もわかるので複数地点での観測で発生位置を特定できる。昔は米国が他国の核実験を検出するために使ったということは知らなかった。

6. 英語のまとめ

■地震計 - a seismometer, a seismograph(seism-やseismo-は「地震」「振動」の意味。カタカナで書くのはいやなんだが発音は「サイズム、サイズモ」なので注意。)
■空振 - infrasonic wave
■空振計 - infrasound monitor (infrasoundは超低周波不可聴音、infrasonicは可聴下周波の(による)、ultrasoundは超音波、超可聴音)

人間には聞こえない超低周波の空気の振動(空振)で火山活動の観測がされていることがわかって面白かった。


(2004/09/03)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »