« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »

2004.12.31

E91 津波の陸上遡上の英語


2004/12/29夜NHKの「緊急報告・スマトラ沖地震 巨大津波はなぜ起きたのか」を見た。そこで、押し波(上げ潮)、引き波(引き潮)という言葉を聞いた。また、今回の津波の伝わり方を示したアニメーションも放映された。それによれば、震源に近い所では汐が引き、遠いスリランカでは大きな津波が一気に襲ったことがわかる。これまで、津波の前には汐が引くと思っていたが、考えを改めなくては。。。

この押し波という言葉を英語で何と言うのか知りたくなった。また、アニメーションも見たいので調べてみた。 押し波は「遡上」runup、引き波は、正式にはどういうのかわからないが、英語ではbackwashということがわかった。また、アニメーションはここ(佐竹 健治(独立行政法人 産業技術総合研究所 活断層研究センター)。

調べている過程で、tsunamiという言葉は、1968年に米国の海洋学者Van Dornがtsunamiを正式な学術英語とすることを提案したこともわかった(国立歴史民俗博物館
津波の比較史料学)。

調べる過程で見つけ出した津波関係の参考サイトは以下。

■英語

geoForecaster

このサイトにあるwhite papersの中にNot all Tsunamis are created equal(ly)にはわかりやすい図があった。

The initial measure of potential tsunami hazard is the runup, or the elevation, to which a tsunami "runs up" on land.(略)There are two components to tsunami inundation. The runup has been mentioned, but there is also the backwash. Vast amounts of fast-moving water rapidly inundate the land, generating strong currents that are extremely destructive and life-threatening, but these currents are equally strong as the water attempts to make its way rapidly back to the sea. Therefore, the combined components of tsunami inundation, runup and backwash can be most destructive. (inundation - 氾濫、浸水、殺到、洪水)



Indian Ocean Tsunami Imagery

Panel 4--Runup: As the tsunami wave travels from the deep-water, continental slope region to the near-shore region, tsunami runup occurs. Runup is a measurement of the height of the water onshore observed above a reference sea level. 同じような説明。図がある。フェーズ毎になっている。わかりやすい。陸地の方にむかっている波の初めの方が元の海面より低い絵になっている。runupの図もある。



Tsunami
わかりやすいサイト(文字が多いが。。。 その中のrunupの説明。 Tsunamis may reach a maximum vertical height onshore above sea level, often called a runup height, of 10, 20, and even 30 meters.

More Tsunami Links
NOAA津波関係英語リンク

The IOC Tsunami Glossary, International Tsunami Information Center
基本的な説明がわかりやすく、かつ引きやすく記述されている。図解も豊富。これはいいとおもう。
例えばrun-upは次のように説明されている。

run-up (1) Difference between the elevation of maximum tsunami penetration (inundation line) and the sea-level at the time of the tsunami attack. (2) Elevation reached by seawater measured relative to some stated datum such as mean sea level, mean low water, sea level at the time of the tsunami attack, etc., and measured ideally at a point that is a local maximum of the horizontal inundation. (3) In practical terms, run-up is only measured where there is a clear evidence of the inundation limit on the shore.



■日本語

「津波から命を守るために!」の内容に関する補足説明(気象庁) 津波の高さ、遡上高、痕跡(図解でわかりやすい)。


津波とは わかりやすいが、専門的な用語は使われていない。
高波・高潮・津波の違い わかりやすい。絵もある。
津波浸水予測区域・津波避難場所及び津波避難経路 遡上高、という言葉あり。
津波の陸上遡上とは?海岸に近づき、波高が急激に高くなった津波が陸上に押し寄せ、のぼっていくことを遡上といいます。
津波・防災標識・表示板 日本の津波防災標識。統一した方がいいと思うが。。。
海洋総合辞典 和英、英和あり。runupなし 。
潮汐観測に関する用語の解説(和歌山地方気象台)、日本語のみ。
和英西仏語 海洋総合辞典 海洋関係の辞書が沢山ある。


(2004/12/31)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

E90 Tidal Waveは津波じゃない

インド洋大津波のニュースが連日トップニュースになっている。 Google Newsで検索してみたら津波のニュースで一杯だ。(左の図は津波の震源図 NOAA)

英語で津波のことを、そのままtsunamiと言っている。私が覚えている英語はtidal waveだが、気になったので調べてみた。

■英語のニュース

tsunamiと書いてから、どんなものか説明がある。例えば以下。

N.E. is not immune, scientists warn
December 28, 2004 boston.com

A tsunami is a series of extraordinarily large ocean waves caused by the sudden displacement of water by earthquakes or landslides on the ocean floor. Usually, the giant waves occur when earthquakes hit above magnitude 7 on the Richter scale, pushing walls of water outward from the epicenter with the speed of a jet plane. In the open, deep ocean, boaters probably wouldn't even notice if they are atop a tsunami. But as the giant wave hits coastal areas, the enormous energy underwater is transferred into the wave crashing on shore.

詳細な説明を掲載している所もあった。

Fury of the TSUNAMI December 28, 2004 ScienceWorld.com

What a TSUNAMI is...
A tsunami (pronounced TSOO-NAH-MEE) is a wave train, or series of waves, generated in a body of water by an impulsive disturbance that vertically displaces the water column. Earthquakes, landslides, volcanic eruptions, explosions, and even the impact of cosmic bodies, such as meteorites, can generate tsunamis. Tsunamis can savagely attack coastlines, causing devastating property damage and loss of life. A tsunami can also be called "seismic sea wave", because they're similar to seismic waves but travel through the ocean instead of through land.

What TSUNAMI means...
Tsunami is a Japanese word with the English translation, "harbour wave". Represented by two characters, the top character, "tsu", means harbour, while the bottom character, "nami", means "wave". In the past, the scientific community sometimes referred to tsunamis as "tidal waves". The term "tidal wave" is a misnomer; although a tsunami's impact upon a coastline is dependent upon the tidal level at the time a tsunami strikes, tsunamis are unrelated to the tides. Tides result from the imbalance, extraterrestrial, gravitational influences
of the moon, sun, and planets. The term "seismic sea wave" is also misleading. "Seismic" implies an earthquake-related generation mechanism, but a tsunami can also be caused by a nonseismic event, such as a landslide or meteorite impact.

■Tsunamiという用語の採択

色々探し回ってわかりやすいサイトをみつけた。時々お世話になっているNOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration)のサイトのTop Storyで扱っている。いずれはなくなると思うが。。。1963年から世界的に使われるようになったことを初めて知った。

NOAA REACTS QUICKLY TO INDONESIAN TSUNAMI

A tsunami is a series of ocean waves generated by any rapid large-scale disturbance of the sea water. Most tsunamis are generated by earthquakes, but they may also be caused by volcanic eruptions, landslides, undersea slumps or meteor impacts.

In 1963 the term "tsunami" was adopted internationally to describe this natural phenomenon. A Japanese word, it is the combination of the characters tsu (harbor) and nami (wave). They are often mistakenly called “tidal waves.” However, the tides have nothing to do with the formation of tsunamis.

disturbance 【地】 擾乱(じようらん) 《軽度の地殻変動》;
slump 【地学】 スランプ: 完全に固結していない堆積物が, 海底の斜面をまとまってすべり下りること.

このサイトには、津波のアニメーション (Quick Time movie)があった。ニュースでも放映していたものだ。他に、津波の説明津波のものすごく詳細な説明、それからTsunamiReadyというつなみについての啓蒙サイトもあった。対策の説明が多く、定義の説明がさほど細かくないので、さらに定義を探しまわって、津波だけを扱っているサイトを見つけた。

Tsunami! (University of Washington)
ここのThe Physics of Tsunamiという所にわかりやすい定義があった。このサイトは幾つかの賞をとっている有名なサイトのようだ。定義は以下。前出のScienceWorldの説明の元はここだった。ここには、1923年に関東を襲った津波のシミュレーション動画もある。

Tsunami is a Japanese word with the English translation, "harbor wave." Represented by two characters, the top character, "tsu," means harbor, while the bottom character, "nami," means "wave." In the past, tsunamis were sometimes referred to as "tidal waves" by the general public, and as "seismic sea waves" by the scientific community. The term "tidal wave" is a misnomer; although a tsunami's impact upon a coastline is dependent upon the tidal level at the time a tsunami strikes, tsunamis are unrelated to the tides. Tides result from the imbalanced, extraterrestrial, gravitational influences of the moon, sun, and planets. The term "seismic sea wave" is also misleading. "Seismic" implies an earthquake-related generation mechanism, but a tsunami can also be caused by a nonseismic event, such as a landslide or meteorite impact.(「潮汐波」という用語は誤った名称だ。津波の海岸線への衝撃は津波が襲った時の汐の高さに依存しているが、津波は汐とは関連性が無い。汐は月、太陽、惑星による不均衡な、地球外からの重力の影響によりおこる。「地震性の海の波」も誤った名称だ。「地震性」は地震に関連した生成メカニズムを暗示するが、津波は地すべり或いは隕石のような非地震性事象によっても引き起こされる。)

tidal wave 《俗に》大津波; 《俗に》《台風などによる》高潮; 潮汐波(ちようせきは)
(tide wave);
misnomer 誤った[実体とかけ離れた]名称, 誤称; 呼び誤り; 人名[地名]誤記《特に
法律文書中の》.
seismic 地震の; 地震性の
meteorite 隕石

■津波の前に汐が引くのは俗説

さらに探してみたら、津波が来る前に水が引くのは俗説という説明を見つけた。 今回の大津波で汐が引いている映像を見て当然だと思っていたが、そうではない場合もあることを初めて知った。

ウィキペディア 津波
伝承
過去の津波による証言や昔話等の伝承に「水平線の彼方まで水が引き、その後に巨大な津波が襲来した」といった事実があるが、これは諸条件が合致して起きる例であり「津波の起こる前に海面が引く」とするのは俗説である。海岸に押し波が先に来るか、引き波が先に来るかは、震源直上の海底がどちらに動いたかによって決まり、どちらの波になるかの予測は難しい。津波は震源直上の海底地形が隆起した直上で発生することから、隆起と沈降のうち海上の震源地に対して陸地寄りの位置で隆起が起きるといわゆる高波としての押し波(上げ潮)が先に襲来し、震源地を境に陸地寄りで沈降が起きて沖合い側で隆起があった場合は引き波(引き潮)が先に起きる。

■ここで脱線 - megatsunamiの場合はどうしようもないかも

別のニュースで、隕石が2029年4月13日(の金曜日)に地球に衝突するかもしれないというのがあった。もし海に落ちたらものすごい津波が起こるそうだ。

THE SCOTSMAN
Friday 13th, 2029 may be unlucky for the Earth

Key points
・Quarter-mile wide asteroid may hit the Earth in 2029
・Impact probability currently at one in forty five according to astronomers
・Threat, at level four on astronomical measure, never before been raised

Key quote
"In the unlikely event that it did hit, it would be quite serious. We’re talking either a tsunami if it hit in the ocean, which would be likely, or significant ground damage" - Dr Donald Yeomans, NASA Near Earth Object Program manager

NZCity
Asteroid may be on collision course
Reports recently discovered asteroid may hit Earth in 25 years from now could be reasonably accurate

NZCity 26 December 2004
Reports that the asteroid known as 2004MN4 has a one in three hundred chance of hitting Earth in 25 years may be reasonably accurate. The asteroid was discovered in June and is estimated to be 1,300 feet long. NASA scientist Donald Yeomans in Pasadena, California says he cannot rule out the possibility the asteroid may hit Earth on Friday April 13, 2029. He says it would be likely to create a quite serious tsunami if it came down in the ocean, or significant damage if it impacted on land.

その場合はDeep Impactのような高さが100メートル以上のMegatsunamiがおこるんだろうな。。。

1964年の新潟地震(M7.5)の時は、中学生で新潟市内の海岸の近くに住んでいた。地震の後で津波がくるとの話が伝わってきて、面白そうなので見に行こうとしたら、母親に強く止められたので行かなかった。後で聞いた所によると50cm程度の津波が来たそうだ。

今回の津波でも、波が押し寄せてきたとき、初めは比較的ゆっくり歩いている人を見たが、津波と避難についての啓蒙が世界的に必要だと思った。でも、隕石落下の場合はどうしようもないかもしれない。。。それまで生きていたらよぼよぼで逃げられない。

英語雑感へ戻る


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.12.12

E89 Visual Thesaurus

32-WS000102おもしろいサイトを見つけた。類語を視覚的に表示してくれるVisual Thesaurus。結構有名らしいが知らなかったので使ってみた。

きっかけ

知るきっかけは、調べ物があるときによく使うOneLook。単語を入れると沢山の辞書で意味が調べられる。一般辞書で最初にリストされているのがMerrian-Webster's Online Dictionaryだが、その辞書で単語を調べたときにたまたま上部に表示されていた広告が目に止まった。それがVIsual Thesaurus。

概要

この類語辞典は、単語を入れると、その単語を中心にして、関連した単語が枝のようにまわりに表示される。その単語の持つ(複数の)意味が丸で表され、その廻りに単語が生えている感じ。丸は名詞、形容詞、動詞、副詞で色分けされている。丸の上にカーソルを置くと意味と例文が表示される。

単語と(丸の)意味は同意語の場合は実線でつながっている。通常は複数の同意語が一つの意味をあらわしているので同意語群(synset=a set of one or more synonyms)と言う。

関連付け

リンクには点線もあり、色々な意味で関連付けされている。関連付けの種類は次の13種類

(1) antonym, (2) pertains to, (3) is a participle of, (4) derived from, (5) entails, (6) verb group, (7) attribute, (8) see-also, (9) is similar to, (10) is a type of, (11) is a part of, (12) is made of, (13) is a member of

表示される単語群の中で意味を見ながら、表示された単語の中からさらに調べたい単語をクリックすると、その単語が中心に移動して関連語が表示される。反対語はあまり表示されない。

■試用した感想

説明を読んでもすぐにはわからないのでしばらく使ってみた。これはいい。こんなものが欲しかった。

以前は無料だったらしいが、今は有料。でも、5検索10クリックまでは試用できる。その制限値までいったら、一旦終了して、再度アクセスしたらまた使えるので、たまに使う分には無料で使えることになる。再アクセス前の中心の単語を覚えていないと、そこから始められないのでメモっておくといい。

このサイトの名前Freeman at Leisureで、at leisureの意味に無職という意味があることは以前書いた(E15 At Leisureの意味)が、その場合はたまたま見つけた。それをこのVisual Thesaurusを使ったらどのようになるかやってみた。

leisure>leisured>idle>unemployedとたどっていってすぐ類語を見つけられた。沢山の意味があってもグループになって表示されているので、意味を絞り込みやすい。普通の辞書だったら見落としそうな単語も目に入ってくる。

32-WS000103at leisureを入れたら一発でunemployedとつながって表示された。これには驚くとともに、ちょっとげっそりした。

ついでに、freeを入れてみたら、山ほど関連語が出てきた。後でゆっくり見てみよう。

紙ベースの辞書類ではMerriam Webster's Dictionary of Synonymsを愛用していた。例文が必ず載っているので。日本語の類語辞典も時々使った。ある意味を表現したいときに、頭に浮かぶ単語がどうもしっくりしないときにぴったりした単語を見つけることが(時々)できる。

また、単語を覚える時に関連付けして覚えるようにしている(E0A 私の英語学習方法E0C私の英語学習法2(くもの巣理論)ので、同意語、反意語を調べるのにも使った。いい時代になったものだ。


(2004/12/12)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

E88 廃用性症候群の英語


毎日新聞で新潟中越地震で、避難住民に廃用性症候群に似た症状が被災者に出始めているというニュースがあった。

新潟中越地震:避難住民に廃用性症候群の疑い
毎日新聞2004年12月3日

避難所生活の長期化により運動量が減少することで、全身の機能が低下する「廃用性症候群」に似た症状が、新潟県中越地震の被災者に出始めている。全村避難が続く山古志村の避難所(長岡市)で健康相談をしている新潟県理学療法士会(深川新市会長)は「震災後心配されたエコノミークラス症候群よりも問題になる可能性がある」として警戒を呼び掛けている。

■ことば=廃用性症候群

 「生活不活発病」とも呼ばれ、体を動かさないため筋肉の衰えだけでなく内臓など全身の機能が低下する病気。高齢者に発症することが多く、症状が進むとさらに運動量の減少を招いて症状が進む。歩行不能や寝たきり状態になることもある。予防には、歩くなど体を動かすことが必要。厚労相の諮問機関・高齢者リハビリテーション研究会で今年1月に取り上げられ、一般にも知られるようになった。

この「廃用性症候群」という言葉は初めて聞いたので、少し調べてみた。健康な人でも安静にしていると筋力が驚くほど急速に衰えるのがわかった。私も運動しなくては。。。 

リハビリテーションの知識 廃用症候群

人間の身体的・精神的機能は使わないと衰えて行きます。 例えば健康な人であっても、ベッド上で安静臥床を続けていると、下肢の筋力は1週目で20%、2週目で40%、3週目で60%も低下すると言われています。(略)

使わないこと(廃用)によって様々な身体的・精神的機能低下が生じますが、それら一連の症状を廃用症候群と言います。

廃用症候群について

健康人であっても、使わないと筋肉の萎縮、関節の拘縮は意外と速く進行します。安静による筋力低下は、1週目で20%、2週目で40%、3週目で60%にも及びます。

この筋力低下を回復させるためには意外に長くかかり、1日間の安静によって生じた体力低下を回復させるためには1週間かかり、1週間の安静により生じた体力低下を回復するには1か月かかるといわれます。

園田のリハビリテーションの広場の「リハビリテーションの知識」に廃用症候群のわかりやすい説明があった。「だから、起きていないといけないんです」という最後の言葉が心に残った。

廃用症候群(disuse syndrome)

安静、臥床は疾病治療において重要であることは一般にもひろく知られている。しかしながら安静・臥床には同時にマイナス面がある。この「安静(活動性低下)の弊害」を強調した概念が廃用症候群で、身体の全部あるいは一部を使用せずにいること(活動性低下)によって、全身あるいは局所の機能的・形態的障害を生じることをいい、米国の早期離床・早期歩行およびリハ医学の経験や研究で確立された。(略)

廃用症候群は、ごく軽微な疾患や外傷を契機としてその治療に伴う安静、活動性低下、また疾患でなくても単なる運動不足が身体機能を低下させそれ自体が身体運動を困難にし、生活の不活発化をまねくという形で悪循環を形成して進行していく。特に高齢者ではおこり易く、一旦おこると若年層に比べて治療(回復)は困難であり、「ねたきり老人」を作る大きな原因である。予防・治療のためには、必要以上の安静をとることを避け、その状態にあわせて安全な局所および全身の活動性維持、向上をはかることが重要である。

「廃用」という気になった言葉の英語はdisuseということがわかったので英語でも調べてみた。disuseという英語は初めてお目にかかった。disが廃でuseが用なんであっているが、妙な感じがする言葉だ。廃人という言葉を連想するのでいい感じはしない。

50歳からは10年で筋力は12%、筋量は6%低下するそうだ。週3回のウェイトトレーニングを2-3ヶ月やれば筋力、筋量を1/3増加できるそうだ。30年分を取り戻せるそうだ。

Disuse Syndrome

Disuse Syndrome is a type of Hypoactivity with the specific characteristics: Musculoskeletal inactivity resulting in depletion of body systems, associated with mechanical or prescribed immobilisation, severe pain or altered level of consciousness.

hypoactivity - 活動低下、musculoskeletal - 筋骨格の、depletion - 消耗

Exercise -- the Real Fountain of Youth

"Many of the chronic health conditions we experience as we age come from disuse rather than aging, and exercise can retard the onset of many of those conditions," says Colin Milner, head of the International Council on Active Aging, a trade association of more than 3,500 organizations that specializes in senior fitness.

Need proof? Consider this: Starting at age 50, people begin to lose 12 percent of their muscle strength and 6 percent of their muscle mass every decade. But weight training can reverse these effects in a big way. Two to three months of weight training three times a week can increase muscle strength and mass by one-third, making up for three decades of loss of muscle strength and muscle mass, said University of Maryland kinesiologist Ben Hurley.

ここでちょっと脱線

運動不足でこの「廃用性症候群」なってしまうというこの記事はひとごとではなかった。

実は、私は数年前に坐骨神経痛になって大変だった。ある日、特に運動したわけでもないのに右足が痛く、歩く時に足をひきずるようになった。立ったり、座ったりするときも、どこかに手をついて支えないとできなくなった。歩くのもすり足でゆっくりしか歩けない。横断歩道も信号が変りそうでも走れない。

整形外科に行ったら、レントゲンを撮られ、それを見て医者は、「坐骨神経痛です。このような状態になるのは普通はもう10年後以上後です。このままになりたくないなら運動をしなさい、と真剣な目でにらまれた。

それから毎週通院し、牽引といって寝て足をひっぱる治療を受けた。まわりは老人ばかり。自分の体は老人なんだと実感して愕然とした。

鎮痛剤を処方され、数ヶ月。薬で痛みが無い時には、極力体を動かすようにした。エスカレーターは使わず階段を使った。電車もつり革を力を入れて引っ張るようにした。座っても座席に背中をつけることはぜず、背を伸ばして座った。週末は二時間程散歩をした。

数ヵ月後、恐る恐る鎮痛剤を止めた。痛くなかった。ほっとした。それからは、天気がいい時は散歩をするようになった。またあの時の状態にはなりたくないので。。。

と、いいながら最近はあまり体を動かしていないのに気がついた。電車で30分つり革につかまっていただけで筋肉痛になったり、スーパーで数キロの買い物をバックに入れてしょったら、肩が痛くなったり。。。。

「廃用性症候群」を調べて、対応する英語がわかったことより、適度の運動をしなくてはという気になったのは収穫だった。

歩くのは季節を感じて好きなのでまず散歩からにしよう。。。

(2004/12/06)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

E87 明日は明日の風が吹く


友人から、今の私そのままの感じがする「明日は明日の風が吹く」って英語でどう言うのか聞かれた。知らなかったので調べてみた。とりあえず「英語 "明日は明日の風が吹く"」で検索する。

アルク: 翻訳っぽい。Tomorrow is a new day. Tomorrow will always be another day.

Paul's Easy English Learning Room英語ことわざインデックスという所に「明日は明日の風が吹く」ということわざの説明で、モンキーズのTVシリーズ日本放映第一話で流れた曲に"Tomorrow's Gonna Be Another Day"というのがあると書いてあった。正式にはTomorrow is another day.というようだ。モンキーズなんて今の若者は知らないだろうな。私が小さいとき良く見たテレビ番組だ。懐かしい。

Screenplay: 出版物の中に、英語でひもとく「風と共にさりぬ」というのがあり、その映画の名セリフの説明があった。この映画は1939年に完成したそうだが、それから流行った言葉なんだろう。
こんなにたくさんの人々に愛されてきたわけ、そのひとつはこの作品が生み出した名セリフにあります。"Tomorrow is another day."(明日は明日の風が吹くわ)、"I'll never be hungry again!"(私は二度と飢えない!)というスカーレットの言葉にあるのは、常に前向きな力強さ。これらは現代でも色あせることがない、生きるための言葉なのです。

英語で何ていうのかがわかったので、「"tomorrow is another day" proverb」で検索したら面白いサイトを見つけた。

WorldofQuotes.com: 17000を超えることわざが掲載されている。国別にもなっており、日本のことわざが107載っていた。でもその一つは A good husband is healthy and absent. 夫元気で留守がいい、だった。英語から日本語を思い出せるものもあるが、わからないものもある。結構面白い。

単語で検索できるようにもなっている。tomorrowを入れると沢山出てくる。Tomorrow is another dayはトルコのことわざだそうだ。ことわざというのは、大抵、反対のことわざがあり、その時の気分でぴったりのものが見つけられることがよくある。今の気分で選んでみると。。。

Eat, drink, and be merry, for tomorrow we shall die. (Scottish)
Live for today for tomorrow never come. (None)

ここでも最後のことわざは、風と共に去りぬだった。
After all, tomorrow is another day. [Margaret Mitchell - Gone with the Wind (closing words)]

もっと軽い感じはないのか。。。

一応、明日は明日の風が吹くは、tomorrow is another dayということになるが、どうも日本語の気楽、きままな感じが英語にはない感じがする。日本語の明日は明日の風が吹くというのは、もっと軽い感じがする。 別の言い方は無いかなと考えていたら、「ケセラセラ」という言葉を思い出した。そっちの方がぴったりするなと思った。

Que Sera Seraケセラセラと入れて検索するとで、Doris Dayの1956年の歌だった。歌詞を読むとこっちの方が合っている感じがする。じゃあ、それを英語でどう言うんだ。。。

"QUE SERA SERA means"で検索したら説明が出てきた。"C'est la vie." Is French for "That is life.""Que sera, sera." Means "Whatever will be, will be."

なんだ、さっき見つけたDoris Dayの歌詞の中でちゃんと英語で言ってたんだ。。。知らなかった。これが「明日は明日の風が吹く」の英語にぴったりの感じがした。でも英語の試験の回答だったら誤りにされるかも。。。

ここで、ちょっと脱線。2004/12/02の夜NHKで、この前のオリンピックのアーチェリーで銅メタルをとった学校の先生が出てきた。あのニコニコした顔で、朝起きる時に、「やるぞー」って感じで起きないといけない。また朝になったかという感じではいけないと言っていた。目的を持たないといけないと思った。目的がなければ、寝て起きて、食べて寝る。の連続、だから。。

そこで、勝手に作ったことわざ?
Spare nothing, enjoy NOW, as tomorrow may never come.
ちょっとネガティブだね。

Don't make tomorrow just another day.
Make it an exciting day - by actions today.
少しはポジティブになったかな。

二つを合体させてみた。
Spare nothing, enjoy and act now, and make tomorrow another exciting day.

今日をとことん楽しみ、明日も張り切っていこう!

(2004/12/03)

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »