« 2005年8月 | トップページ | 2006年8月 »

2005.09.24

E99 歪み絵の英語

del.icio.usでfunというタグでおもしろいサイトをみて楽しんでいるが、最近歩道の3Dの絵を書く人のことを取り上げた記事を見つけた。特定の方向から見ると立体的に見えるおもしろい絵を色んな国で描いている。

斜めから見たらちゃんとした絵になっているものを何て言うのか知らなかったが、説明の中でanamorphosisという言葉があり、辞書で調べたら「歪み絵」だった。

Beever gives his drawings an anamorphosis view, his images are drawn in such a way which gives them three dimensionality when viewing from the correct angle. It's amazing !!!

歪み絵で検索して作り方の説明も見つけた(PDFファイル)。説明の最後にあったリンク、Art of Anamorphosisにはanamorphosisの説明がある。普通ではない方法で見ると正しい形に見えるゆがめられたイメージとのこと。

An anamorphosis is a deformed image that appears in its true shape when viewed in some "unconventional" way.

Anamorphic Artには作り方について詳細な説明がある。歩道と車道との間の柵にヨットとか動物とか書いてあって、車から斜めに見るとちゃんとした絵になっているのは時々見るが、あれは歪み絵で、英語としてはplane anamorphosisなんだ。

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

E98 スパイラルチューブはチューブじゃない

妻が先日電源コードやパソコンのケーブルを束ねるチューブを買って来た。半透明のチューブを螺旋に切ってあって沢山のコードにまきつけて束ねるもの。結構すっきりする。包装にスパイラルチューブとあるので英語でどういうのか調べてみた。スパイラルチューブで検索すると出てきた会社が外資系のようなので英語のサイトに行ってみたら、英語はspiral wrapだった。

チューブは螺旋に切ってしまったらチューブじゃないもんな。英語のままでスパイラル・ラップとしたら英語としては正しいんだけどラップは食べ物の包装に使うラップが定着していて、用途が誤解されそうなんでチューブとしたのかな。スパイラルチューブとあって英語でそのまま通じると思ったら違うことがあることがわかった。身の廻りにあるカタカナをそのまま受け入れてはいけないことがわかった。カタカナになったとたんに日本語だと思うようにしたらいいのかもしれない。

spiral tubeだと実験器具でありそうなので、glass spiral tubeで検索したらそれらしいものが出てきた。気圧計(barometer)で使うようだ。

2005/09/19

英語雑感へ戻る



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2006年8月 »