2007.01.01

英語雑感

英語は楽しむもの。 常にアンテナを張り、英語について疑問がでてきたらチャンス。調べまくって回答を見つけると、不思議にその場で覚えてしまう。ここでは英語について気になって調べた結果を掲示中。説明を読むとその場で単語を幾つか覚えられるはず。横道にそれたらご勘弁。コメント、質問、トラックバック、メール歓迎します。励みになりますので。。。(なお、トップに置くためこの記事の日付は未来の日付にしてあります。)

なお各記事の最後にある『英語雑感』を選択するとホームページ版の『英語雑感』に飛びます。ホームページ版には、他に写真集や独り言等も掲載しています。


del.icio.usに気に入ったブックマークを登録しています。他の人の登録したリンクも含め、キーワードで検索でき参考になります(リンクに追加しました)。

|

2006.08.13

E100 和牛肉の米国への輸出

米国牛肉の輸入再開がニュースになっている。E29 和牛肉の輸出と全頭検査 (2004/01/21)からしばらくたっているので、日本の牛肉の米国への輸出はどうなったか調べてみた。

米国の輸入統計のサイトが変更になっていて目的の数字を探すのにちょっと手間取ったが見つけた。Foreign Agricultural Trade of the United States (FATUS)FATUS importsという所があり、そこで国名をJapan、FATUS Commodity GroupingsをBeef and Vealにして年度を選択して、StatisticsをQuantityに、TypeをGeneralにしたら以前調べた数字と同じ単位のMTでの米国の日本からの牛肉輸入統計が出てきた。

今年になって日本から牛肉が米国に輸出されるようになっていることがわかった。やっぱりアメリカでもしゃぶしゃぶを食べたいのかな。
UsbeefimportjapanUsbeefimportjapan2




2006/08/13

英語雑感へ戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.24

E99 歪み絵の英語

del.icio.usでfunというタグでおもしろいサイトをみて楽しんでいるが、最近歩道の3Dの絵を書く人のことを取り上げた記事を見つけた。特定の方向から見ると立体的に見えるおもしろい絵を色んな国で描いている。

斜めから見たらちゃんとした絵になっているものを何て言うのか知らなかったが、説明の中でanamorphosisという言葉があり、辞書で調べたら「歪み絵」だった。

Beever gives his drawings an anamorphosis view, his images are drawn in such a way which gives them three dimensionality when viewing from the correct angle. It's amazing !!!

歪み絵で検索して作り方の説明も見つけた(PDFファイル)。説明の最後にあったリンク、Art of Anamorphosisにはanamorphosisの説明がある。普通ではない方法で見ると正しい形に見えるゆがめられたイメージとのこと。

An anamorphosis is a deformed image that appears in its true shape when viewed in some "unconventional" way.

Anamorphic Artには作り方について詳細な説明がある。歩道と車道との間の柵にヨットとか動物とか書いてあって、車から斜めに見るとちゃんとした絵になっているのは時々見るが、あれは歪み絵で、英語としてはplane anamorphosisなんだ。

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.19

E98 スパイラルチューブはチューブじゃない

妻が先日電源コードやパソコンのケーブルを束ねるチューブを買って来た。半透明のチューブを螺旋に切ってあって沢山のコードにまきつけて束ねるもの。結構すっきりする。包装にスパイラルチューブとあるので英語でどういうのか調べてみた。スパイラルチューブで検索すると出てきた会社が外資系のようなので英語のサイトに行ってみたら、英語はspiral wrapだった。

チューブは螺旋に切ってしまったらチューブじゃないもんな。英語のままでスパイラル・ラップとしたら英語としては正しいんだけどラップは食べ物の包装に使うラップが定着していて、用途が誤解されそうなんでチューブとしたのかな。スパイラルチューブとあって英語でそのまま通じると思ったら違うことがあることがわかった。身の廻りにあるカタカナをそのまま受け入れてはいけないことがわかった。カタカナになったとたんに日本語だと思うようにしたらいいのかもしれない。

spiral tubeだと実験器具でありそうなので、glass spiral tubeで検索したらそれらしいものが出てきた。気圧計(barometer)で使うようだ。

2005/09/19

英語雑感へ戻る



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

E97 ガッツポーズの英語

さっき妻が新聞を持って来て、全米プロ選手権で初優勝したフィル・ミケルソンの写真を指差して、「ガッツポーズ」って英語で何て言うの、と聞いてきた。毎日新聞の夕刊の記事の写真の下に書いてあった文章は「18番ホールでバーディーを決め、ガッツポーズをするミケルソン」。

Google NewsでUS版に行って、探したら同じ写真が出てきた。英語は、Phil Mickelson pumps his fist after sinking a birdie putt on the 18th hole to win the PGA Championship. (AP)

pumpはKODの説明でぴったりくるのはなかったが、「《握手で》(・・・の手を上下に勢いよく)振り動かす(up and down)とあった。まあ、この動きに合った英語だと思う。

「ガッツポーズ 英語で」で検索すると沢山ヒットするが、どれも今回の場合はしっくりいかない。

週間ST Onlineでは、punch the airだった。これは上に手を突き上げる格好だろう。
ウィキペディアでは、語源の説明はあったが、ガッツポーズは和製英語としか書いてない。
カタカナ英語バスターズでは、raise one's fist(s) in triumphだったが、これも手を上に上げる状態だな。

和製英語の間違いを取り上げるサイトは沢山あるが、間違い英語を覚えてしまうので、あまりそっちに関心が行かないようにしている。でも今回はおもしろかった。原文に直行したのですぐに回答が見つかった。(できない場合もあるが、原文にあたる)このやり方は、すぐに身につくのでいいと思う。

2005/08/16

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

E96 英語のおもしろサイト

2005年4月に再就職してからは、仕事が忙しく時間がとれず、これまで記事を書く時間も気力もなくなっていたが、やっと夏休みでちょっと時間ができたので、本当に久しぶりに書いてます。

del.icio.us

お気に入りをネット上に登録するサイト。別のPCからお気に入りにアクセスできるので便利。リンクにキーワードをつけることができ、絞り込める。他の人達が登録したお気に入りを見ることができる。英語のサイトだが、日本語も登録できる。自由人の登録したお気に入りはここ

del.icio.usのpopular siteのリストをfunというタグで絞り込むと、おもしろそうなリンクのリストが出てくるが、そこで見つけたものが多いが、たまに日本語サイトも登録している。のんびり自由人が見つけたおもしろサイトはここ

これからは短い記事をちょこちょこ書こうと思っています。

2005/08/16

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.18

E0F(番外編)再就職しました

のんびり自由人は、この度ひょんなことから再就職しました。二年間の「のんびり自由人」生活とお別れし、通勤電車にゆられています。年収は半分になりました。でも、ひさしぶりの仕事を楽しんでいます。就職が決まった日は夕方妻とお祝いの食事をしました。気長に待っててくれた家族に感謝しています。

おもしろい英語のトピックも時々頭に浮かぶんですが、調べまくる時間がとれません。でもこれからもおもしろい記事を掲載しようとおもっていますので、気長にお待ち下さい。これからも宜しくお願いします。

追記:「のんびり自由人-Freeman at Leisure」というタイトルをどう変えたらいいのか考え中です。英語Freeman at Workでいいかなとも思っていますが、日本語の方がうまい言い方が思い浮かびません。「のんびり不自由人」でもないし。「働くのんびり自由人」もなんか違和感があるし、「のんびり自由人の再就職」もぴんとこないし。。。今でも気分は「のんびり自由人」なんだからそのままにしようかとか。色々考え中。いいアイデアがあったら教えて下さい。

英語雑感へ戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.11

E95 Droopy Pants


米国のバージニア州で腰パン禁止法案が提出され、2月8日下院を通過したが、2月10日上院で否決された。2004年4月にルイジアナ州でも同様の法案が否決されているが(E56 腰パンの英語)、しばらくこのような法案提出が続くのだろうか。。。

この法案はa bill Tuesday authorizing a $50 fine for anyone who displays his or her underpants in a "lewd or indecent manner." というものだった。否決されたとのニュースは以下。

Virginia lawmakers dropped their droopy-pants bill Thursday after the whole thing became just too embarrassing.

The bill, which would have slapped a $50 fine on people who wear their pants so low that their underwear is visible in "a lewd or indecent manner," passed the state House on Tuesday but was killed by a Senate committee two days later in a unanimous vote.

lewedは、みだらな、わいせつな。
indecentは、無作法な、見苦しい、卑猥な。
droopyは「たれた、しなだれた」。 でれっとした感じかな。

ニュースでこの腰パンをどのように言っているか調べてみた。

Low-Riding Pants (AP) - 車高を極端に低くした、から極端に下げたという意味だろう。
droopy-pants bill (AP) - たれた
Baggy Pants Bill (Washington Post) - だぶたぶの、ぶかぶかの

the so-called "droopy drawers" bill (iafrica.com) - ズボンが下がっている子供(人)、デカパン。これが腰パンだろう。
exposed underwear (iafrica.com) - 露出した
low-cut pants (thechamplainchannel.com) - 深くくった
low-rider pants bill (TimesDispatch.com) - シャコタンから低くしたという意味だろう。

the low-slung pants bill (TimesDispatch.com) - 股上の浅い
the "pull-up-your-pants" bill (TriCities.com) - ズボンを上げろ

法案原文は以下。

HOUSE BILL NO. 1981
AMENDMENT IN THE NATURE OF A SUBSTITUTE

(Proposed by the House Committee for Courts of Justice on February 4, 2005)
(Patron Prior to Substitute--Delegate Howell, A.T.)
A BILL to amend the Code of Virginia by adding a section numbered 18.2-387.1, relating to indecent display of below-waist undergarments.

Be it enacted by the General Assembly of Virginia:

1. That the Code of Virginia is amended by adding a section numbered 18.2-387.1 as follows:

§ 18.2-387.1. Indecent display of underwear.

Any person who, while in a public place, intentionally wears and displays his below-waist undergarments, intended to cover a person's intimate parts, in a lewd or indecent manner, shall be subject to a civil penalty of no more than $50. "Intimate parts" has the same meaning as in
§ 18.2-67.10.

用語の定義は以下。

§ 18.2-67.10. General definitions.

As used in this article:

1. "Complaining witness" means the person alleged to have been subjected to rape, forcible sodomy, inanimate or animate object sexual penetration, marital sexual assault, aggravated sexual battery, or sexual battery.

2. "Intimate parts" means the genitalia, anus, groin, breast, or buttocks of any person.



(以下略)

ああ、また時間を潰してしまった。。。。


Technorati用タグ:

2005/02/11

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.02.10

E94 Budweiser Mnemonics

s-budgirlsアメリカの友人が "Chicken Soup for the Beer Drinker" というビールにまつわる著名人のコメントを送ってきた。例えば以下。

"I feel sorry for people who don't drink. When they wake up in the morning, that's as good as they're going to feel all day." - Frank Sinatra

ふむふむと読んでいって、にやりとしたりしていたが、一つだけ意味がわからないものがあった。それは以下。

Remember "I" before "E", except in Budweiser.

この文を引用している所は沢山あったが、なぜ面白いのか説明している所がない。しばらく探し回って、やっと、mnemonics{記憶術)の一つに、スペリングの覚え方として、"I before E, except after C" というものがあるのがわかった。ようするに語呂合わせということか。

Great Mnemonics (Fun-with-words.com)
The following rhyming phrase helps people to remember how to spell such difficult words as receive.

          I before E, except after C.

なるほど、Budweiserのスペリングでは、EがIより前にある。でも、どこが面白いのかわからない。Budweiserのスペリングは覚えられたが。。。 コマーシャルにでもあったのかな。このサイトは他にも色んなことの覚え方が書いてあって面白かった。例えば円周率は、英文の各単語の文字数で覚える。皆苦労してるんだ。

Mnemonic Techniques for Numbers
How I wish I could calculate pi. {文字数は、3 141592)

このサイトは単語関係の面白そうなセクションが沢山ある。後で読み込んでみようと思う。 他にもついでに面白いサイトを見つけた。

100 MOST OFTEN MISSPELLED WORDS IN ENGLISH

英語を母国語としている人が間違いやすい単語が列記してある。その中のbelieveの説明中にThe "i-before-e" ruleというものは当てはまる場合よりも、例外の方が多いと書いてあった。やはり地道に覚えるしかないのだろう。

believe

You must believe that [i] usually comes before [e] except after [c] or when it is pronounced like "a" as "neighbor" and "weigh" or "e" as in "their" and "heir." Also take a look at "foreign" below. (The "i-before-e" rule has more exceptions than words it applies to.)

10 Ideas to Help You Remember

紙に書くとか、記憶しておくための色んなやり方を列記してある。いいことも書いてはあるが、私は無理に覚えることはしない。いろんなことを覚えようと努力するのもいいが、楽しくやっていて結果的に覚えてしまっていた方がもっといいと思う。

また、「覚えなければ忘れない」というのも真理だと思っている。そうすれば物忘れに愕然とすることもない、かもしれない。でも、忘れたくても忘れられないこともあるが。。。

脱線:mnemonicsとは記憶術のことだが、発音が難しい。なんたって最初の m は発音しない。発音は難しいがスペリングは覚えられる。のんびり自由人のmnemonicsの覚え方。「胸も肉っす」。 忘れられないでしょう。


2005/02/10

英語雑感へ戻る


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

E93 Deathという名前のたばこ

E92「たばこの警告文」にコメントを貰った。DEATHという名前のたばこがあったそうだ。面白いので調べてみたら本当にあった!写真も見つけた。なるほど黒いパッケージに白いドクロマークがついている。販売していたのはDeath Tobacco Companyという会社。Charles Southwood (A Fistful of Westerns)という元映画俳優が、引退後、禁煙キャンペーンとしてDeath Tobacco Companyを設立したそうだ。

Death Tobacco Company (The Tobacco Reference Guide)

Charles Southwood, owner and founder of Death Tobacco Company, sold more than 75,000 cartons of Death Cigarettes in his first year of operation. He has 100 park benches in the Los Angeles area with his ads that say "Don't Smoke Death Cigarettes." The popular new brand is sold as a novelty item in Southern California for $3 a pack. They come in a black box with a large white skull and crossbones under the brand name DEATH. Southwood has also introduced a menthol brand packaged in a green box and called GREEN DEATH. - Journal of the National Cancer Institute, May 20, 1992

調べている過程で他にも面白いたばこがあることがわかった。その名前は「Black Death Cigarettes」。

Black Death Cigarettes (The Smoker's Speakeasy) - 喫煙者に対する不寛容に怒って作った喫煙者のサイト。でもこのサイトは喫煙についての部分は今は無くなっている(現在のサイトGenkiGirl.orgはここ)。禁煙したのかな。

日本語の元気からサイト名を作ったそうだ。日本語がわかる人なんだ。なんか親しみを感じる(上のBlack Death CigarettesのリンクはInternet Archiveで探した。Internet ArchivesについてはE82 Internet Archiveを参照)。

説明を読んでみたら、このBlack Deathというたばこは喫煙者のためのたばこで。最初に取り上げたDeathというたばことは違うそうだ。Death Tobacco Companyという会社は90年代に無くなったそうだ。

Death cigarettesの考えは「if you want to kill yourself - great! We'll help ya along AND make a profit from your habit!"というものだったが、Black Death cigarettesのphilosophyは「I LIKE 'EM AND I'M GONNA SMOKE 'EM"だそうだ。色々調べてみたらこのBlack Deathの方は現在でも販売されているようだ。

この販売元は、Black Death Philosophyというものも作っている。

BLACK DEATH cigarettes are a direct protest from smokers against the strongly increasing intolerant anti-smoke movement.

BLACK DEATH smokers want to maintain their rights and they do not want to be socially discriminated by arbitrary legal measures.

BLACK DEATH smokers live according to the following principles:

1) Smoking is a human right and has to be respected as such, in accordance with the articles on human rights of the United Nations.
2) The choise to smoke must be respected as part of bigger subjects in life. As such, no country at all can interfere in this.
3) The violation of smoking citizens' rights will immediately create a precedent for further interfering in the personal freedom and the behaviour of all citizens.
4) The relation between smokers and non-smokers must be based on consideration, courtesy, tolerance, mutual respect and freedom of choise and not on commandments or national regulations and intolerance.

BLACK DEATH smokers want to enjoy in peace the right to continue to smoke!!

FREEDOM HAS A TASTE OF ITS OWN.

私も肩身の狭い思いをしているので気持ちはわかる。

探し回っていたら、禁煙キャンペーンのために設立された面白い名前の会社も見つけた。それは、Licensed to Kill, Inc.という名前で、2003/04/01に米国バージニア州に設立された実在の会社。 この会社のスローガンは、"We're Rich. You're Dead!"だそうだ。この会社は禁煙キャンペーンをたばこ会社として行っていて、プレスリリースとしてPhilip Morrisをたたえたりしている。Articles of Incorporation(定款)には次のように明記されている。

The purpose of the corporation is to engage in any business permitted by the Commonwealth of Virginia and not required to be stated herein including, but not limited to, the manufacture and marketing of tobacco products in a way that each year kills over 40,000 Americans and 4.5 million other persons worldwide.

販売」しているたばこのブランドはすごい名前だ。

Global Massacre、L2K (License to Killのこと)、CHAIN,、SLAVE、 WEAK ORGAN、Genocide、Serial Killer、WOMD (Weapon of Mass Destructionのこと)。

近々発売予定は:Throat Hole、Chemo、Dead Poor、limp等としている。 Licensed to Killは、Marlboroのパッケージにそっくりだ。

ここでちょっと脱線

E92「たばこの警告文」でも書いたが、WHOの報告で、たばこの価格と喫煙者数は反比例するとあった。法規制もある程度の効果はあるだろうが、値上げが一番効果的だと思う。とぼしい小遣いからやりくりしている者としては、外国のように今の倍の値段になったら、禁煙しないと飲み会にも行けなくなる。その時は当然禁煙だな。。

外国のたばこの警告文の画像を探しまわったけど見つからなかった。英語圏に住んでおられる方で、お暇な方がおられましたら、現在どのような警告文になっているか画像を送ってもらえませんか。。。Marlboroがいいかも。


2005/02/03

英語雑感へ戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧